ホーム|ご相談・ご質問

債務整理の方法その2:民事再生のメリット

○民事再生のメリット1:取立行為の規制

弁護士、司法書士(簡易裁判所代理権の認定を受けた者に限る)に依頼した場合にはその時点で貸金業者の取立行為が規制されます。

○民事再生のメリット2:返済のストップ

弁護士、司法書士(簡易裁判所代理権の認定を受けた者に限る)に依頼した場合には、その時点より民事再生成立まで返済する必要がなくなります。

但し、裁判所によっては返済原資のストック及び長期返済が可能かの確認として一定額の積み立てを求める場合があります。

○民事再生のメリット3:債務元本の大幅な減額

利息制限法引き直し計算により減額された元本から更に5分の1(最低100万円)への減額が行われます。

○民事再生のメリット4:利息制限法引き直し計算による元本の減額

利息制限法超過利息の支払をしている場合には、利息制限法による引き直し計算により残元本の減額が可能になります。

○民事再生のメリット5:過払い金の返還も場合によっては可能

利息制限法超過利息を取っている貸金業者との取引が長期に渡る場合には(一般的には7年以上)、利息制限法引き直し計算によって、残元本以上の返済をしている場合があります。

その場合には、みなし弁済と呼ばれる問題もありますが、多くの場合には支払い過ぎの金員(過払い金)の返還を求めることが可能です。

民事再生手続と平行して又は申立前に過払い金の返還を受けることにより再生計画における返済原資とすることが可能です。

  • トップ
  • 北海道|
  • 青森県|
  • 岩手県|
  • 宮城県|
  • 秋田県|
  • 山形県|
  • 福島県|
  • 茨城県|
  • 栃木県|
  • 群馬県|
  • 埼玉県|
  • 千葉県|
  • 東京都|
  • 神奈川県|
  • 新潟県|
  • 富山県|
  • 石川県|
  • 福井県|
  • 山梨県|
  • 長野県|
  • 岐阜県|
  • 静岡県|
  • 愛知県|
  • 三重県|
  • 滋賀県|
  • 京都府|
  • 大阪府|
  • 兵庫県|
  • 奈良県|
  • 和歌山県|
  • 鳥取県|
  • 島根県|
  • 岡山県|
  • 広島県|
  • 山口県|
  • 徳島県|
  • 香川県|
  • 愛媛県|
  • 高知県|
  • 福岡県|
  • 佐賀県|
  • 長崎県|
  • 熊本県|
  • 大分県|
  • 宮崎県|
  • 鹿児島県|
  • 沖縄県|