ホーム|ご相談・ご質問

□ ま行の債務整理 用語について

1.街金(まちきん)

俗に「トイチ・トニ・トサン」とも呼ばれる高金利業者。闇金融をふくめていう場合もある。

2.みなし弁済(みなしべんさい)

利息制限法の上限金利を超える金利でも、一定の条件がそろえば返済を合法とする規定のこと。

貸金業規制法第43条にみなし弁済の規定があるが、みなし弁済が認められるためには厳しい条件を満たさなくてはならない。

そのため、消費者金融やカード会社の取引では、条件を満たしていない場合がほとんどである。

3.ミニマムペイメント(みにまむぺいめんと)

ミニマムペイメントとは、リボルビング払いの契約で、毎月必ず支払わないといけない最小支払金額のこと。

消費者金融では、借入をした元本金額によってミニマムペイメントが変わる場合が多く、クレジット契約では、最初の契約時に決めた利用限度額によってミニマムペイメントが設定されている場合が多い。

4.名義貸し(めいぎがし)

他人に自分の名前を貸して借金をさせることをいう。(またはその行為を認めることを言う)契約は名義人と貸主の間で結ばれたことになるので、名前を貸した人が返済義務を負う。

当初「自分が払うから、絶対に迷惑はかけない」などと言われて名義貸しをしてしまい、後々トラブルになるケースお多い。

5.名義冒用(めいぎぼうよう)

「名義貸し」とは異なり、本人がまったく知らない間に、勝手に第三者に名義を使われ借金を追ってしまうこと。

本人が名義を貸すことを了承していない場合は、借金を返済する義務はない。

但し、名義を勝手に使われた契約について、本人が振込等で支払を行ったり、口座引落をいつまでも放置しておくと「追認」といって、支払義務が発生することもあるので注意が必要。

  • トップ
  • 北海道|
  • 青森県|
  • 岩手県|
  • 宮城県|
  • 秋田県|
  • 山形県|
  • 福島県|
  • 茨城県|
  • 栃木県|
  • 群馬県|
  • 埼玉県|
  • 千葉県|
  • 東京都|
  • 神奈川県|
  • 新潟県|
  • 富山県|
  • 石川県|
  • 福井県|
  • 山梨県|
  • 長野県|
  • 岐阜県|
  • 静岡県|
  • 愛知県|
  • 三重県|
  • 滋賀県|
  • 京都府|
  • 大阪府|
  • 兵庫県|
  • 奈良県|
  • 和歌山県|
  • 鳥取県|
  • 島根県|
  • 岡山県|
  • 広島県|
  • 山口県|
  • 徳島県|
  • 香川県|
  • 愛媛県|
  • 高知県|
  • 福岡県|
  • 佐賀県|
  • 長崎県|
  • 熊本県|
  • 大分県|
  • 宮崎県|
  • 鹿児島県|
  • 沖縄県|